【あなたの主語はどっち?】ME!ME!ME!

Life Style, 日々のこと

こんにちは。

人生を思いっきり楽しみたい、欲張りYukoです。


日々の中で、

  • (他人が)●●をしてくれない。
  • (連絡が来ると思っていた人から)連絡が来ない!
  • ●●しようと思っているのに(協力がなかったから)できなかった!

なんて、自分が他人に振り回されて、イライラしたり怒りを感じる事はありませんか?
落ち着いて考えると、これは全て「自分が勝手に相手に期待している事から起こる」イライラなんです。

  • 自分が●●をやりたいと思っている。それは、相手も一緒。
  • 自分は●●をしなくてはいけない。それに合わせて(勝手に)相手が動いてくれる。
  • 自分は●●が良いと思っている。それは相手も一緒。

本当にこの通りだったら、逆の現象も起こります。

  • 相手が●●をやりたいと思っている。それは、自分も一緒。
  • 相手は●●をしなくてはいけなくてはいけない。それに合わせて(勝手に)自分が動く。
  • 相手は●●が良いと思っている。それは自分も一緒。

書き出してみるとよく分かりますね。こんな事はないですね。
相手の都合をここまで考慮して動いている人はいないですね。
なぜなら、人が何か考える時の主語は常に「私」だからです。

  • (私は)それが良いと思うよ。
  • (私は)●●がやりたい。
  • (私なら)こっちを選ぶよ。

人間が最も興味のある事は、常に「自分」です。
それが分かれば、生きていくのが少し楽になります。
例えば、何か相手を説得しなければならない時、主語を「あなた」にして話すと受け入れてもらいやすくなります。

常に自分も含め周りは「自分の事」しか考えている中、「あなた」を主語に話せる人がいたら、「この人、自分の話をよく聞いてくれている!」と好感を得やすくなります。

その上で、「あなた」を主語に相手のメリットを主張しつつお願い事を頼んだら、聞いてもらいやすくなります。
これはビジネスでも同じ事。

「私はこれをやりたい!売れると思う。」という視点で売り出されてる物より、「あなたにはこれが必要だと思う。もっと良くなりますよ。」と売られている物がヒットするのは当たり前ですよね。

個人でビジネスをしている人、始めようとしている人は特に要注意です。

自分の視点が「自分」なのか、「あなた」なのか時々見直す必要があります。
落ち着いて、客観的に自分が訴えている事の主語はどちらになっているのか、定期的に見直しましょう。

Life Style, 日々のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です