【力み過ぎているのかも】ふっと力を抜いてみて

Child-rearing, Life Style

こんにちは。

自分らしく、自由に、美しく、しなやかに生きたいYukoです。

 

4月27日のNHK「あさイチ/のぞいてみました!“あの人のタイムスケジュール”」を見ました。

朝のTVは変なキャラクターが出てこず、子どもが見てもつまらないNHKと決めています。w ←子どもが見入ってしまうのは朝の支度の大敵!!因って、我が家ではNGです。

 

番組の内容を簡単に説明すると、

毎日やることが盛り沢山のママさんが、どうやって家事をコントロールし、自分が輝く時間を作るのか?ここで言う「輝く時間」とは自分の時間の事を指します。生活の時間術ですね。

何名かロールモデルになる方が紹介されていました。

無駄な事を徹底的に排除する/夕食の下ごしらえを、週末にまとめて行う・・・等々。

(子どもの送りの時間があったので、全部は見られませんでした。)

 

 

そのTVを見て考えた事。

1日1時間、30分でもいいので自分に(趣味に)費やす時間があると、生活が豊かになる。なにより気持ちにゆとりができて、子どもにも夫にもやさしくできる。

ふっと力を抜く時間が大切という事を再認識しました。

 

 私の場合は、ブログを書いたり、趣味の美容にふける、家の掃除をすることが、自分の息抜きになり活力になります。

この様な自分時間を持つことはとーーーーっても大切。

 

その時間を作るために、私がしている事。

週何日か、平日家にこもる日を決める。そして、次女のお昼寝の時間が、私のフリータイム!

そう、子育て中のお母さんにとっての休憩時間は、赤ちゃんが寝ている時間。

 

「そんなこと言っても、子どもが寝ないんだよ!」と思いますよね。

まさに、長女が寝てくれない子でした。夜は良く寝るのですが、布団の上でのお昼寝が苦手で、抱っこ紐の中で寝たので布団に移動させると起きてしまう。高感度の背中スイッチが付いていました。w

今思えば、子どもの生活リズムができていなかったんですよね。

自称(迷惑な)行動派の私は、長女が生まれてもそのスタイルは変わらず、生まれたばかりの長女を私の予定に合わせ連れまわしていました。初めての育児で右も左もわからず、同じような月齢のママさんと遊んでばっかいたんです。私にとっては、不安な事は相談でき、沢山の情報交換ができる有意義な時間でした。

 

っが、娘にはそうではなかったんですね。

毎日連れまわされるもんだから、生活のリズムが掴めない。お昼寝は一体どこですればいいのさぁぁぁ~。って思っていたハズ。

(名誉のために加筆しますが、連れまわすといっても常識の範囲内ですよ。実際、長女は夜7時半に寝かせていたので、その範囲内です。)

 ところがどっこい。

次女は、お姉ちゃんの保育園のリズムに合わせて動くもんだから、大体送りに行くタイミングで朝寝へ。そのリズムができているので、私は「いつ自分の時間ができるのか」が分かります。

 

子育てしていても、自分の時間を作りたい方は、まず生活のリズムを見直し整えてください。

朝7時までに起こして、その日の夜寝る為に活発に子どもと遊び、夜8時に寝かせる。これさえできれば、少しのフリータイムを作ることが可能です。

(お子様の性格によっては、そうならないこともありますが・・・。)

 

NHKではキラキラタイムと称されていた「自分のための時間」を作って、ふっと力を抜く時間を作ってみてくださいね。

Child-rearing, Life Style

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です