【だからやめられない!】ヨガで心の声を聞く

Life Style ,

こんにちは。

人生を自分らしく、思いっきり楽しもう!Yukoです。
最近、目標の1つに1日1回ヨガをする!をあげています。ここ1ヶ月ほど毎日ヨガをするように。

ヨガのフルコースをやると1時間ほどかかってしまいます。時間があれば、フルコースを楽しみたいのですが、なかなか時間が取れず、その日/その時身体が求めているポーズを4つほどピックアップしています。

ヨガで一番大切な事は、ポーズを行っている時に呼吸に集中して、最後に瞑想することです。
ヨガはポーズに意味があるのではなく、深く呼吸をしながら意識を自分の内側に向けることが大切です。

 

日々の生活では、常に意識は外側に向いています。人に気を使ったり、人のことを観察したり、羨んだり。外側に意識を向けていると、とても疲れます。何故なら、外側の世界は常に不安定だから。普遍的な基準がなく、その時その場でコロコロ変わる基準に自分を合わせていかなくてはいけないから。もちろん、社会的生活を営む上で周りの基準にある程度合わせることも大切です。

ただ合わせすぎてしまうと、自分の中にある基準が何かが分からなくなり生きていくのが大変になります。人は、それぞれの中に核となる基準があり、それに従って生きると、とても生きていきやすく、充実感を感じると私は考えています。

その自分の中の基準を感じるために、通常外側に向いている意識を内側に向ける必要があります。

呼吸をしながら、意識を内側に向け、ヨガのポーズを1つ1つとっていくと、身体が変わります。

私の場合、ジャーヌ・シルシャーサナ(頭を膝に付ける、前屈のポーズ)をとる時、呼吸に集中し身体の力を抜くとどんどん深く身体が曲がります。深くポーズが決まると、それと比例して頭と身体がスッキリします。思考が片付けられていく感じがします。

いくつかのポーズを行い、頭と身体をスッキリさせた状態で最後に瞑想することにより、深く瞑想できるようになります。その様な状態になると、悩み事の解決策がパッと浮かんだり、良アイディアが浮かんできます。

 

深い瞑想状態とは、うとうとしている様な状態で、現実世界と夢の世界の間にいる感じです。その様な状態の時、自分の潜在意識は、フルオープンになっている状態。なので、自分が本当は何を思っているのか、(悩みがあるときは)どうしたら良いのか、がパッと浮かんでくるんですね。

ちなみに、瞑想と言っても特別なことをするわけではなく、寝っ転がって呼吸に意識を集中させているだけです。
個人的に整理したいことがあり、その事を考えながら呼吸に意識を傾けて寝っ転がっていたら、パッと答えが閃きました。年齢を重ねることにより、「自分の価値観は何なのか?何に重きを置いているのか?」を考える様になり、行き詰まった時に特に集中してヨガに取り組む様にしています。

もし、何かお悩みがある時取り入れてみて下さいね^ ^

Life Style

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です