【流れに身を任せてみる】必要のない事をやめました

Life Style ,

こんにちは。

人生を自分らしく、思いっきり楽しもう!(No title)の週末セラピストのYukoです。

 

img_5198.jpg最近自分の周りにいいきっかけがあり、今まで大切にしていたものをいくつか手放しています。正確に言うと、大切にしていたではなく、執着していた物と呼ぶべきかもしれません。

 

大きなものが1つあります。

それは「約束をするのをやめた事」

ばんっ!と言われると、「えっ?何々?この人約束もできないずぼらな人なの?」と思われてしまいますね。

そうではなくて、「自分にとって不必要な約束を、無理にするのは止める」事にしました。これに気がついた時、自分の心も身体も軽くなりました。「今まで無理して約束をしていたんだな~。」と実感しました。

私が考える無理な約束とは、

  • 気の合わないママ友との遊びの約束
  • 大してやる気のない自分の習い事の予定
  • 惰性で合っている友人との約束

分かりやすいように、オブラートに包まずはっきりと表現しています。

 

これらの約束をしていたのは、自分がさみしかったり、それをやっていると「カッコいい」と思われる事、良い人ぶりたいからだったり。笑

自分の欲があふれている約束たちでした。

 

そうではなくて、これからは「自分が会いたい人に会う。」「付き合いたい人と付き合う」「やりたい事をやる」

欲ではなく、もっとキラキラした気持ちで実行できる物にフォーカスしようかと思います。

 

一時期とても流行った、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」にもありました、「ドキドキする物を残す。ドキドキしない物を捨てる」という整理術に似ています。

 

自分がドキドキ、ワクワクする物をチョイスし、そうでないものをなるべくチョイスしないようにする。

身の回りを自分がときめく物のみにする事がベストですが、実生活で難しい場合は「なるべく」そうするようにする事がベターかと。「ときめくもの」に執着し過ぎて、逆にイライラしてしまうかもしれないので……。そうなったら、元も子もありません。

 

人生とはとても短い。やりたい事を考えることも大切ですが、「何をやらないか」を選択する事も大切です。

(自己啓発本によく出てくるフレーズです。)

 

私は今「やらない事」を選択し始めています。

大好きなYOGAもお教室に通う回数を減らして、自宅で自主トレをする方向に変えました。

お教室に行って刺激を受けることも大切ですが、なんとなく今の自分に合わなくなってしまったんですよね。

 

「やらない事」を選択する決意をすると、あちらから手を切ってくれる時もあります。

何かいけない予定が入って、通えなくなってしまったり、相手から連絡が来なくなったり。

こんな事が起こったら、「落ち込まずに次に進もう!もっといい事がこれから起こる!」と思って下さい。

自分のステージか変わると、今までお付き合いしていた方が離れて行ってしまう事があります。「自分のステージが変わったんだ。またご縁があったらお付き合いできるわ。」と思って、一端お別れしましょう。

本当に縁があればどこかで繋がるはずですし、繋がるような出来事が起きます。

 

私の持論ですが、女性は特にこの傾向が強い気がします。

そもそも女性は男性より、人生のステージが変わりやすい。結婚/出産等で、女性を取り巻く環境は激変します。

周りが誰も出産していない中、自分だけ子どもができると今までお付き合いしていた友人と疎遠になります。でも、女性の面白いところは、その内誰かが出産すると連絡が来て、昔のようにお付き合いができるという事。女性は例えブランクがあったとしても、一度会ってしまえばそのブランクを吹き飛ばせてしまうという強さがあります。

 

もし今ご自身の人生に悩まれていたら、「その事は自分にとってときめく事なのか?」を考え、そうでない物を思いきって手放しましましょう。空いたスペースに、ときめく何かが入ってくるかもしれませんよ!

Life Style

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です