【沢山の人に紛れてみる!】外を知る事で内を知る

Life Style ,

こんにちは。

人生を自分らしく、思いっきり楽しもう!

Simple,Elegant,Classic!!30歳からの美相メイク/フェイシャル サロン (No title) の週末セラピスト Yukoです。

新しい環境で沢山の人に出会って、息苦しさを感じる事はありませんか?

人ごみ学校へ入学や、就職で、新しい環境になった時。

自分に対し迷いが生じ、その不安を打ち消すために、沢山の人と繋がろうとした時。

そんな、沢山の人にいきなり出会って、息苦しさを感じる事ありませんか?

いろんな人の思考が自分の上を通り過ぎ、自分の事がよく分からなくなる。

今までの自分の思考がおかしかったのではないか?いつもは選ばないけど、本当はこちらの方が良かったのではないか?と、いつも選ばない物を選んでみたり。

自分の選択に自信がなくなり、それはまるで

サイズの合わない洋服を着せられて、心がザワザワして落ち着かない感じ。

そんな雰囲気にのまれてしまう事ありませんか?
 

私は結構あります。

いかんせん、何でも素直に認めてしまう癖があるので、「わたしがおかしいのかも?」なんて思考になりがち。(←いい加減学んで、「一度は自分で咀嚼する」クセをつけないとですね。)

「わたしがおかしいのかも?」から、周りに合わせた行動をして「やっぱりこれ、何かおかしい!」って心がざわざわする。。
 

心がザワザワするのは、内側の自分からのサイン

そして、毎度確信します。

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

『心がザワザワするのは、内側の自分からのサイン』だと。

(同昔書いた、同じテーマの記事→【朱に染まって己を知る】自分探しの方法

 

『ねぇ、そっちに行っちゃうの?本当はこっちだよ』って、自分がきちんと教えてくれているんですよね。
なのに、自分がそのサインをうまくキャッチできずに

キャッチしても生かせずに、間違った道に進んでしまう。

それで痛い目に会ってきた人もいるのではないでしょうか?
では、痛い目に合わない様にこれから自分のサインを見逃さない様にします。で、今日のブログは終わりませんよ。

 

心のざわつきを逆手に取る

今日のブログいで伝えたいのは、ここから。

心のざわつきを逆手にとって、自分が分からなくなった時、人の中に紛れてみて自分が何にざわつくのか試してみる。

人は、一人一人違った価値観を持って生きています。沢山の人の中で自分が友人関係を築くのは、自分と価値観が近しい人や、自分の「なりたい」を実現してある人。

逆にざわつくのは「自分と価値観が違う人」「自分がやりたくない事をやっている人」
自分のなりたいを知るのも大切ですが、なりたくないを知るのも大切。その感情の裏には、自分が大切にしてあるものが隠れてあるから。

 

俗に「他人の欠点がどーしても気になるのは、その欠点が自分にもあるから」と言われています。その欠点、なぜ自分が欠点だと思うのか?っていうのが、今回のブログで大切な事。

欠点=あまりやりたくないし、他人からしてほしくない事ですね。

なぜそれをしてほしくないのか?と考える事が重要です。なぜの部分を追求していくと、自分が大切にしている価値観が裏側から出てきます。

 

例えば私は公で人を辛辣に批判する人が苦手です。

なぜか?自分が批判されたら嫌だし、「みんな仲良くする」が私の大切な価値観だから。

 

hand_light

こんな具合で欠点・嫌だ・ざわざわするの感情の裏に、自分が大切にする価値観が眠っているんですね。

 

沢山の人にまぎれてざわざわすることで、自分の中に眠っている価値観に気がつける 

今まで自分が気がつかなかった自分の中に眠っている価値観に気がつくためには、多くの人に出会い「ざわざわ」を体験する必要があります。

今まで気がつかなかった=今まで出会った人の中で「ざわざわ」を起こしてくれるパートを持った人がいなかった。という事ですね。なので、自分と合うか合わないかは別として、沢山の人と出会って自分を開発してもらう。そんな心意気が必要なのかもしれませんね。

もちろん、沢山の人に合う事により気の合う人や、自分の憧れとなる人を見つけ、ステップアップの手助けになる場合もあります。新たな出会いから、新しい道が開けて自分が想像もしなかったところに辿り着ける場合もあります。

 

人と交わる事を恐れずに、自分の価値観を信じて交流してみてくださいね。

もちろん「合わないな」と思った方とは無理に仲良くする必要はなく、「自分の大切な価値観に気付かせてくれた人」と思いましょう。

 

そんなコミュニケーションも、大人のたしなみかもしれませんね。

Life Style

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です