【これだけ意識する】「美しさ」にこだわりを持つ

Life Style ,

こんにちは。

自分らしく、人生を思いっきり楽しもう!

SimpleでClassic!!30歳からの美相メイク/フェイシャル サロン (No title) の週末セラピスト Yukoです。

 

Yuko流断捨離の方法をお伝えしました。
それに関連して、もう1つお伝えしたいことがあります。

人生において、ここをこだわったら上手くいくポイントがあります。
それは誰もが持っている感覚の一つです。
それは……。

誰もが持っている『この感覚』

今回はズバリ言います。
それは、『美しさ』にこだわること。
これは、生活全般、仕事や育児など全てに通ずること。
何が美しいのか知っていれば、全て上手くいきます。

何が『美しいか』を知っていたら、部屋を綺麗に保つのも簡単。断捨離するほど物が溢れかえるコトもなく、いつも適正な量が保たれます。
何が『美しいか』を知っていたら、時間に余裕を持ったスケジュールで生活にする様になります。時間に追われ慌てている姿は美しくありません。自然と規則正しく、余裕を持った生活になります。
何が『美しいか』を知っていたら、自分の口から出る言葉に気を使います。『超〜』や『バカじゃないの?』なんて言葉は出てきませんね。
この様に例えると、沢山の例が出てきます。

『細部に神が宿る』

主人から言われた言葉です。
どんなシチュエーションで言われたのか忘れてしまいましたが、何かを作っていた時、私が適当なコトをした時ピシャリと言われたことだけ覚えています。

『お前仕事できないでしょ。そんなんじゃ俺の仕事はやっていけないよ。』
主人は特殊な技術職をやっています。1ミリの誤差もあってはならない世界。その様な世界に住んでいる人からしたら、私の大雑把さは死活問題。
私の様な部下がいたら、問題ばかり起こしていたコトでしょう。笑

私たち人間は、細部までのこだわりに『美しさ』をかんじるのではないでしょうか?

メイクの世界での例えだと、

  • アイラインを1ミリ伸ばすか?目尻を1ミリ跳ね上げるのか?
  • 眉山をミリの外に出すのか、内に入れるのか。眉の太さを1ミリ太くするのか、細くするのか?
  • 目尻側の、一番外側のまつげにしっかりマスカラをのせられるのか?

これら全てで、見た目の印象が変わります。
まさに『細部に神が宿る』ですね。
*メイクレッスンでは、きっちり細部までこだわってお伝えしています♡

仕事にも活かせる

『美しさ』にこだわるコトは、お仕事にも活かせます。

お客様や社内に提出する資料も、『美しさ』にこだわってみると、書き漏れが無くなり、見やすさにこだわる様になります。
仕事をする姿勢も、頭を突き出して猫背でPCとにらめっこするのではなく、椅子の背もたれに寄りかからず綺麗な凛とした姿勢を保つ様になります。PCを見ているだけで、できる女に見えますね。
資料等の提出も慌てて出すのではなく、『美しく』サッと出す。その為には、提出日を忘れずにスケジュールに書き込み、提出日を守る為に逆算して『いつ・何をするのか』を逆算しスケジューリングする様になります。

ビジネスにおいて大切なPOINTが、『美しさ』にこだわることでしぜんと実践できる様になります。

『美しさ』にこだわるだけで、多大な成果が!

この様に『美しさ』にこだわるだけで、生活環境や仕事、その他の人生での出来事全てにスマートに対応出来る様になります。
職場・ママ友等の人間関係にも『美しさ』を軸におくと、さっぱりとした人間関係が作れるかもしれませんね。自分のBODY LINEを保つのも、『美しさ』が基準です。メイクもヘアスタイルも、全てがそう。

全ての軸を『何が美しいか?』にすると全てが整う!
(整うは、2017年の私のキーワードです。)

こんなに単純明快なキーワードはないかもしれない?!
2017年の抱負がまだ決まっていない方は、ぜひ参考にされてください♡

30歳からのお顔のお悩み解決します!
Simple,Classic!!30歳からの美相顔を手に入れよう!
流行に流されない、あなた本来の美しさを引き出します。

自分の顔に自信がない
自分に似合うメイクが分からない
そもそも、メイクの仕方が分からない
もっと綺麗になりたい
もっと輝きたい
自分本来の美しさを知りたい
営業職として悩みがある
売れる営業になりたい
一つでも当てはまる方は、ご連絡くださいませ。
Menuはこちら

Life Style

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です