【自分に自信がないんです!】自己肯定感の低さの裏に隠れているモノとは?

Life Style

こんにちは。
30歳からの美相メイク/フェイシャル サロン
セラピストのYukoです。

春の息吹を少しずつ感じられる
今日この頃。
思いっきり生活のリズムが崩れています。
春は体調が崩れやすい
季節のよう。

体調が崩れると
私はある病に悩まされます。

それは、
『なんで自分はこんなにも
できないんだろう?』病。

今日は
そんな病のお話です。

自己否定の裏に潜む感情

突然ですが、
私は自己肯定感が低いです

日本人の美徳と言うべきか

  • 自分がうまくできたこと
  • 自信を持ってできること
  • 他人より秀でているところ

を誰かに褒められたら、

『そんなことありませんー!』
言いながら、手をブンブン横に振る

褒められても
認めることがほとんどなかったです。
言い換えると
人前で自信を持つこと
できませんでした。

小さい頃、
『そうなのー!
私、これ上手でしょ!』
なんて言おうものなら
女子からは総スカンでした。

純真無垢で
世間とは絵本の世界と一緒。
正義は必ず勝つと思っていた小学校時代、
初めてクラスのリーダー格の女子から
いじめられました。笑
(私が嫌なヤツだったのかも?だけどね)

その時から私は
『自分がよくできると思われてはいけない。
できてもできないフリ、
目立ってはいけない!』
と、思っていった気がします。
(だから今だに、
外見を人に褒められても
受け入れることができません。)

そんな経験があって、
褒められても
『そんなことないですよ。
○○さんの方が素敵ですよね!』

必ず自分を落とし、
相手を立てる。
自分が目立ってはいけない!

と、思い込んでしまったんです。

でもそれは、私にとって
『自分を守る壁』の役割を
果たしていたんです。

『自分を守る壁』

  • 人と仲良くしたい。
  • 人の輪に入っていたい。

こう思うのは、
人間の本能だと思います。

動物学的に見ても
人間は群れで生きる生き物

どんなに文明が進化しようと、
孤独では生きられず、
会社や社会等の
群れの中で生活しています。

私が社会や会社などの
『群れ』に属すための手段が

  • 目立たず
  • 自信を持たず
  • いつも人より下にいる事


でした。

これが自分を守る
高い高い壁になりました。

(書いてみると
なんか悲しいですね。)

高校生くらいになると。
内側の自分が
『本当の私はこんなんじゃない!』
と突き上げてくる。
それを必死に外側の自分が止める!!

自分の中での葛藤に
苛まれていましたね。

でも全ては
『上手く群れの中で生きていくため』

当時の私は、
『群れを変える』のではなく
『今ある群れの中で生きていく』
選択をしました。

まぁ、小学〜高校生辺りまでは
『群れを変える』にも、
選択肢がない少な過ぎるので
当たり前といえば当たり前の選択です。

自分を守る壁のせいで、
変な思考グセが付きました

自分を守ってくれるべき『壁』のせいで、
私の中にある考えがはびこるように。

  • どうせできないから
  • できなくて当たり前
  • できないからやらなくていい
  • ほーら、やっぱりできなかったでしょ!

周りと上手くやっていく為に
必要な『壁』が、
いつの間にか
『私のやる気、自信を吸い取っていました!』

恐い!!!!

だから、
自分に甘える癖
ついてしまったんです。


朝型に生活を変えたくて、
目覚ましをセットしても
『あなたはできないから起きなくていい!』
と『壁』に言われ、
起きられない。

自分で決めた目標が
達成できなくても
『あなたにはできるはずが無いから、
頑張らなくていい!努力しなくていい!』

と『壁』に言われ、
踏ん張れない。

言い訳に聞こえるかもしれませんが、
『壁』に、
『あなたはできてはダメ!
あなたがいろんな事が出来るようになったら、
社会で生活できないよ』

自己マインドコントロールされていました。笑

笑えない!
怖ヒ!!

自己肯定感の低さの裏には

ズバリ!
今日のブログで一番言いたかったこと!

自己肯定感の低さの裏には
自分への言い訳
『やらなくていい理由』
が詰まっているんです!

自己肯定感が高いと
自分自身に改善点が見つかった時に、
行動を起こさなければなりません。

朝早起きした方が
体や精神的に良かったら、
朝型の生活に切り替える為の『行動』を
起こさなければならない。

自己肯定感が低かったら
朝型の生活にした方がいいのはわかってる。
でも、私にはできない!
なぜならば、
私は自分自身を信じていないので、
出来るはずが無いと思っている。
だから、行動には起こしません!

と、言えてしまうから。

『言い訳』が欲しいだけ、
やらなくていい理由が
欲しいだけ。

これが分かったら

あぁ私、やらなくていい理由を
探していたんだ!

と、気持ちがスーッとしました。

凄く楽になった!!

マイナスの気持ちの裏には?

  • 自己肯定感の低さ
  • 自信がない
  • マイナス思考

こんな感情が
自分の中に湧いてきたら

  • この感情達は何を守っているんだろう?
  • なんで湧いてきたんだろう?
  • なんでこう思ったのだろう?


と、自問自答してみてください。
彼らは、何かの意味があって
あなたの中に湧いてきているハズです。

『なぜ、彼らが湧いてきたのか?』が
分かったら、
彼らと仲良くする方法が
見えてくるかもしれません。


『彼ら』に守られた生活は辞め、
自分の力を信じて
人生を歩んでいけるように、
『言い訳』をしないで
1日1日を過ごしていけるように。

少しずつ思考や行動を変えて、
『彼ら』と仲良くなって
人生を軽やかに生きていきませんか?

私はその為の一歩を
踏み出したいと思います。

30歳〜のお顔のお悩み解決します!
流行に流されない、
あなた本来の美しさを手に入れよう。

  • 自分の顔に自信がない
  • 自分に似合うメイクが分からない
  • そもそも、メイクの仕方が分からない
  • もっと綺麗になりたい
  • もっと輝きたい
  • 自分本来の美しさを知りたい
    一つでも当てはまる方は、
    ぜひお申し込みくださいね♡
    (No title) メニューはこちら
Life Style

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です