思い描いた人生は自分で創る!!女性のためのセールス コミュニケーション

【営業活動の行動基準】当たり前のことを当たり前にやる

理想のお客様に出会う方法

《vol.5》元・外資系化粧品会社の営業が明かす、理想のお客様があなたの周りに集まる極意シリーズ!

今日は、営業活動の根底にある判断基準の1つを解説します。

営業活動の基本の《き》

営業活動するにあたり、いくつか基本的な行動基準があります。
今日は、本当に基本的な行動基準をお話しします。
営業活動の中心にブレない行動基準を置くことで、何か困った事があったときに判断がブレなくなります。

本当に基本の《き》の行動基準とは……

ゆうこゆうこ
当たり前のことを、当たり前に行動する!

誰かさん誰かさん
なにそのフザケタ基準は?

こんなクレームは受け付けませんよ。

プライベートでも仕事でもみーんな一緒

物事の本質って、プライベートも仕事も基本一緒です。
仕事だから特段どうこうってことは、本当に仕事に特化した技術的な部分以外はプライベートとなんら変わりありません。

仕事を始めたばかりのとき、

ゆうこゆうこ
仕事ってどんな事なんだろう?学生時代と何かが大きく違うはず!?

という、今考えたら意味の分からない前提で取り組んでいた時期がありました。

営業活動という視点で考えると、プライベートも仕事もあまり変わらないです。
変わらないからこそ、営業という仕事が好きなんですけどね。遊びながら、でもそれが仕事になる!最高の職業ですよ。w

難しく考えないで!本当に簡単なことから

誰かさん誰かさん
当たり前って、そもそも何?
何か特別な《当たり前があるの?》

なんて小難しく考えてしまう、わたしのような輩が一定する存在すると思うので、先に言っておきます。

難しいことではないです。
人としてやってはいけない事、やられたら嫌なことをお客様にしない。
これだけです。

こんな簡単な事なのですが、社会に出てから約15年。
いろんな営業マンに会って来ましたが、意外とこれが出来ない営業さんってワンサカいます。w

  • 約束の期日が守れない
  • 約束を忘れる
  • 言ったのにやらない
  • 時間に遅れる
  • 自分の商品のメリットを言えない

本当に簡単な《当たり前》ですよね。

日々の雑務に追われて、お客様と約束した小さなことがボロボロと溢れてしまう営業マンはあなたが思っている以上に多いです。

お客様と話すときはメモを取り、必ず見返す


営業活動を始めたら、先ず当たり前のことを当たり前にやる努力をしましょう。
お客様と何かを約束したら、必ずその場でメモをして、時間に余裕があればその場でスケジュール帳にも入れましょう。
お客様が忘れてしまっているような、小さな約束ほど漏らさないように心がけます。

小さな約束を細かく覚えて果たして行くことにより、お客様との信頼関係が厚くなります。

営業はお客様に頭を下げながら数字を稼ぐ職業ではなく、遊びながら・楽しく信頼関係を築き、お客様の問題を解決する。その対価として、お金を頂くという崇高でクリエイティブな職業だとわたしは思っています。

理想のお客様に出会う方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です